waffleの夢を持つことはチャレンジすること。

いろんなジャンルに手を出すブログ超初心者が行うブログです。 気楽に読んでください!

アクセスカウンター

夏のアイスはチョコミント!!

今週のお題「好きなアイス」

どうも!waffleです!

 

好きなアイス!!!

やっぱり夏ならチョコミントですね!!

 

あの爽やかさが素晴らしい。

チョコミントっていろんな会社が出してますよね。

今回は少しまとめて見ました。

 各画像の名前がリンクになってるのでお買い求めの際はそちらから!!

 

 

まずはグリコ!

ぱりぱりのチョコが最高ですよね。

 

 

 

赤城乳業です。チョコミントバー!!お風呂上がりに一本ですね。

 

 

 

森永の4Lアイス!!この大きさが一般家庭にあったら驚きですね。でも食べたい。

ここまでアイスですね。

 

では、ここからはほかの商品で気になったもの紹介します。

 

 

 

沖縄の黒糖使用で国産!!安心ですね。友達へのちょっとしたプレゼントにもいいかもしれませんね!!

 

 

 

食品サンプル!!めっちゃアイスですよね。いったいどうやって作るのか・・・。鞄などにつけて爽やかな感じにもなるかも・・。

 

こんな感じでチョコミントはいろんな商品になってますね!!!

 

ぜひ気になったモノを確認してみてください!!

 

それでは!!!

ブログタイトルを変えたい。けどどうしよう。

どうも!!waffleです!!

 

ブログタイトルって重要ですよね。

 

色んな人のブログ拝見させていただいてまずがこのブログ面白そう!って最初に判断するのはブログタイトルが多い気がします。

 

このブログのタイトルつまらないんですよねー。

waffledream'sblog

大学って夢に向かう場所じゃないですか!

その大学生としてブログをやろう!ってことでこのブログ始まったんですが…。

 

タイトル思いつかなくて

名前をwaffleでやる予定だったので

Waffleが夢に向かうブログということでそのままwaffledreamblogとしたんですが。

 

面白さとか読みたい!って思わせる効果ないですよねー。

 

 Example if I try to use English in this blog.

 

Maybe this title is much, but I don't use it.

So I want to change title for more much to this  blog.

 

And why I don't use English on this blog is because my English grammar is incorrect.

 

This blog is all pages written by Japanese.

 

So I want to use Japanese in title.

とこんな感じでブログタイトルを変えるかどうか迷ってる感じです。

この文章合ってるかどうかわからないですが意味は通じるはず!!

 

ということで・・・

ワッフルのコツコツ夢を。

とかにしようかなと思ってます。

 

なんかいい案あったらコメントください!!

 

では!!

ポケモンゲットだぜ。コイキングを捕まえた!!

どうも!!waffleです。

いやーあと1日で夏休みです!

 

ポケモン観たいって思ってるんですが時間が無い。

 

今日はこちら!!


f:id:waffledream:20170727183208j:image

4月に描いたコイキングが出てきたのでブログに登場させてみました。

 

皆さんはポケモン見てましたー?

今年で20周年ということで映画もピカチュウとの出会いの内容になってたりするようですね。

 

そんなポケモンの中ででコイキングポケモン史上最弱とか言われてますが…一応鯉の王様ですよ!

コイキングですし。

 

今回の絵はコイキングを全力で描いてみようって友達と競ったときのです。

 

アニメ塗りより立体感あるけど弱そうなのは変わらないことが分かりました。

 

これからもたまに投稿したいと思います。

 

それでは!

夏休み観たいアニメ映画5作品!!

どうも!waffleです!

 

小、中学生、高校生はもうすぐ夏休みですかね。

大学生がもう少し頑張りましょうって感じですが・・・。

 

今日は夏休みに見てほしいおすすめ映画(アニメ)を5作品!!

 

 

サマーウォーズ:監督 細田守

2009年公開:音楽 松本晃彦

キャッチコピー「繋がりこそが僕らの武器。」

OZ(オズ)という仮想世界で世界は繋がり買い物から行政手続きまでできる。ある日OZのシステムメンテナンスのバイトをしていた高校生・健二のところへ憧れの先輩・夏希からのバイトの依頼が。内容も聞かずOKした健二だが内容は「彼氏の振りをして親戚にあってほしい」と言うものだった。
夏希と実家・陣内家に行った健二だがOZのシステムが何者かに乗ってられ世界はパニックに。トラブルを解決するためにOZのシステムを乗っ取った何者かと陣内家、健二の戦いが始まる。

 

 

河童のクゥと夏休み:監督 原恵一

2007年    :音楽 若草恵

キャッチコピー

「人間の友達ができちまった。」

普通の小学生・上原康一は下校途中、川の辺に埋もれていた大きな石を見つける。好奇心から割ってみたところ、中から化石のように干からびた生物が出てきた。それは、長い間地中で仮死状態になっていた河童の子供であった。康一は河童を家に連れ帰り、「クゥ」と名付け共に生活を始める。最初は人に対して警戒心を抱いていたクゥだったが、徐々に信頼を寄せるようになる。

そんな河童がいることを知って押し寄せるマスコミ、なれない生活で元気のなくなっていくクゥ。そしてクゥを心配して一緒に暮らそうという沖縄の妖怪キジムナー。康一とクゥの成長を描く。

 

 

 

ブレイブストーリー:監督

2006年    :音楽 ジュノ・リアクター

キャッチコピー「これは僕の勇気の話。」

三谷亘(ミタニ ワタル)は、ある日幽霊が出ると噂される"幽霊ビル"で、要御扉(かなめのみとびら)に出会う。そこを潜り抜けると、亘たちが住んでいる現世(うつしよ)とは違う不思議な世界・幻界(ヴィジョン)が広がっていた。

そんな世界を知ったあとワタルの家では親が離婚してしまう。そして母親がワタルと共にガスを使って無理心中しようとする。

眠ってしまったワタル

「運命を変えたかったら、幻界へ行け」という呼びかけに応じ、家族を取り戻す為、母と自分の運命を変える為に幽霊ビルの階段の上に現れた要御扉を通って、亘は再び幻界へ……。

 

 

心が叫びたがってるんだ:監督 長井龍雪

2015       :音楽 ミト 

                                                      横山克

キャッチコピー

「ずっと、ずっと、伝えたかった。」

少女・成瀬順は小学生の頃、父親の不倫とは知らず女の人といたことを母親に話したことで両親の離婚を招いてしまう。家を去る父親から「全部お前のせいじゃないか」と言われ、ショックを受けた順は夕暮れの階段でうずくまって泣いると、そこに玉子の妖精が現われ、「お喋りが招く苦難を避けるため」という理由で、順の「お喋り」を「封印」されてしまう。高校になって歌えば声が出せることを知る。

そして学園祭でクラスはミュージカルをやることに。そのストーリーは順の考えたストーリー。順の心がストーリーになっているものだ。そして学園祭当日順は声が出せるのか…。

 

7/26日DVD、ブルーレイ発売。

君の名は。:監督 新海誠

     :音楽 RADWIMPS

 キャッチコピー「まだ会ったことのない君を、探している」

 東京に住む普通の高校生・立花瀧と糸井町宮水神社の巫女・宮水三葉はある日いきなり体が入れ替わってしまう。

そんな生活をして少ししたとき体が入れ替わらなくなり連絡も取れなくなる。

は原因を見つけるため彼女について調べ始める。すると彼女は彗星の落下によって亡くなっていた。そして彼女を助けるために糸井町へ向かう。

 

と自分の好きな映画の紹介でしたw

心が叫びたがってるんだ。サマーウォーズ金曜ロードショーで放送されると思うのでぜひ見てみてください!!

教員の資質能力向上について

【研修】

○教員の学ぶ意欲は高いが多忙で時間確保が困難

自ら学び続けるモチベーションを維持できる環境整備が必要

アクティブ・ラーニング型研修への転換が必要

初任者研修・十年経験者研修の制度や運用の見直しが必要

 

【採用】

優秀な教員の確保のための求める教員像の明確化、選考方法の工夫が必要

採用選考試験への支援方策が必要

採用に当たって学校内の年齢構成の不均衡の是正に配慮することが必要

 

【養成】

「教員となる際に最低限必要な基礎的・基盤的な学修」という認識が必要

学校現場や教職に関する実際を体験させる機会の充実が必要

教職課程の質の保証・向上が必要

教科・教職に関する科目の分断と細分化の改善が必要

 

文科省HPより


 教員の資質能力の向上のために何が必要なのか。

 

 養成、採用、研修の段階で必要なことを考えると養成の段階では、大暫定に意識を高く持って勉強するということだと思います。

教職課程は教員になるための基礎という認識を持つことが大切だと考えられます。

 

 また積極的に教員を目指す人はインターンシップへの参加や学校に関わるボランティア活動などを積極的に行うということが一番と考えます。

実際の現場を体験しておくことは大切だと思うからです。

 

次に異文化や様々な考え方に対して広い視野を持つ訓練をすることです。

子供でも保護者の方も様々な考え方の人がいるとおもいます。

それらの考え方にうまく対処するためには教員養成の段階からいろんな人の意見を聞いたり海外の人の考え方を知ったりすることはとても大切なことだと思います。

 そのほかに文科省では課題として教職課程の質の保証、向上や教科・教職に関する科

目の分断と細分化の改善が必要となっていました。このように大学など教職課程の改革必要ということがわかります。

 

 次に採用の段階では採用側が本当にその人に能力があるかを見極めるためにも面接試験、実技試験などを重要視したほうがいいと思いました。

 

 実際に教師になって一年、二年で学校に行けなくなってしまう先生もいるので養成段階での経験の量を見るのも重要だと思います。

 

 また、基礎知識、専門知識の確認、面接も重要ですが先生として時事問題などの正確な理解、環境に対しての正確な理解などを問うのも重要なのではないかとおもいました。

 

 文科省は優秀な教員の確保のための求める教員像の明確化、選考方法の工夫が必要、採用選考試験への支援方策が必要、採用に当たって学校内の年齢構成の不均衡の是正に配慮することが必要といっています。

 

そして研修の段階では先生の学ぶ時間の確保が重要だと思います。教員の多忙化によって学ぶ時間がとれないと思いました。なので研修の効果を発揮させるためにも教員の多忙化問題は解決しなければならない大きな問題だと思います。

 


にほんブログ村