waffleの夢を持つことはチャレンジすること。

いろんなジャンルに手を出すブログ超初心者が行うブログです。 気楽に読んでください!

アクセスカウンター

テストに文句を言ってみる。成績はテストでつけるものではないと思う。

今週のお題「テスト」

 

はい!!どうも!waffleです!

 

今週のお題はテスト!!!!!

 

嫌いです!!

 

 

さて、テストと言えば小学校の時からありますよね。成績はテストの点が大きく関わりますがこれについて意見述べたいと思います。

 

小学生の時は漢字テストや章末テスト、体育の実技テストなどありましたね。

 

中学生になると中間や期末、小テスト、体育の実技、模試、そして高校受験。

 

高校でもテストやって、最後はセンター試験、大学の試験があります。

 

大学でもテストある。

 

会社に入るときも試験があるようですね。

 

このようにテストというのは人を判断する上で人一つの基準になってますよね。

これは当たり前のことだと思います。

 

でもきっと皆さんテスト嫌いですよね。わかんないしテストで点とれないと成績悪くなるし親に起こられるし。

でも、自分のできる科目のテストって嫌いじゃないと思います。

 

これって悪循環の始まりですよね。

わかんない→やりたくない→テストできない→成績伸びない→やりたくない→・・・。

 

じゃあこれをどうやって断ち切るの?理解するの。

どうやって?塾とか、家庭教師とか。

これが今の状況だと思います。

 

できない子は塾に行かないと成績は伸びない。

学校だけでは足りないと言うことです。そのうち塾中心。塾優先になってしまいます。

 

では、学校でテストをして成績をつけるのはどうなのでしょうか?

塾に行ってる子は勉強できるし理解できるから解ける。授業で理解できる子も解ける。

では、授業で理解できず、塾にも行ってない子は?

遊んでるだけかもしれませんが本当にできない子もいると思います。

 

だからテスト+レポートのような救済があるほうがいいのでは?というのが今回僕が言いたいことです。

 

高校受験、大学受験、入社試験は仕方がないと思います。これは実力で選べます。

 

学校のテストは選べませんよね。だからテストだけで大きく成績を左右する今の学校のテスト体系は嫌いだよ!って話でしたー。

 

皆さんはどうでしょうか?

では!!

 

 


にほんブログ村