waffleの夢を持つことはチャレンジすること。

いろんなジャンルに手を出すブログ超初心者が行うブログです。 気楽に読んでください!

アクセスカウンター

吉村順三 軽井沢の別荘(森の中の家)基本情報

どうも!waffleです!

 

久々の建築の記事です!!

吉村順三の建築物についてです!!

 

吉村順三さんは多くの作品がありますがその中でも軽井沢の山荘(森の中の家)については建築を学ぶ学生にとってとても勉強になる建築物なので今回勉強したことをまとめてみようと思います。

 

基本情報

設計者:吉村順三

住所:長野県北佐久郡旧軽井沢

施工:昭和37年(1962)

工法:1階 鉄筋コンクリート造、2階 木造 2階建 

延床面積:87.7㎡

 

まず、吉村順三さんについて

 

1908年に東京の呉服商の家に生まれる。

東京美術学(現 東京芸術大学)で建築を学ぶ。

卒業後アントニン・レーモンドに師事。

モダニズム建築を学びレーモンドに日本建築を伝えた。

1941年に吉村順三設計事務所を作る。

その後東京芸術大学教授に就任する。

1997年満88歳で亡くなる。

 

 作品(所在地/目的/)

 

自身が家族や事務所所員と過ごすために建てた自邸。

1階部分は軽井沢の湿気から木造の家を守るために鉄筋コンクリート造のボックスで持ち上げたようなデザインになっています。

木造の2階部分と片流れ屋根と屋上の露台を載せています。楡(ニレ)と椚(クヌギ)の林に囲まれ、宙に浮いているかのように外に開かれた居間を中心に、居心地の良い空間が7.2m角の正方形の中に、その3分の1の2.4mの寸法を軸にコンパクトにまとめられているそうです。

外の見える景色は木々の葉の高さなので普段とは違った景色をみることができます。

 

とここまでで基本の情報をまとめてみました!!

次回は細かくみて行きたいと思います!!

 

では!!次回もよろしくお願いします!!

 

興味ある方にはぜひこちら読んでもらいたいです! この山荘が舞台になっています。

読者数100人目指して頑張ってます!

ぜひ読者登録願いします。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑


にほんブログ村