waffleの夢を持つことはチャレンジすること。

いろんなジャンルに手を出すブログ超初心者が行うブログです。 気楽に読んでください!

アクセスカウンター

コミュニケーション能力ってなんなのよ!「信頼の勝ち取り方」

いつも見ていただきありがとうございます。

 

今回は前回の「聞く力」において信頼が重要だよという話をした際に

初期の段階で信頼される方法について書くよと言ったと思います。

 

今回はその方法です。

前回記事はこちら

 

www.waffledreamblog.com

 

最も初期での信頼とは今回は

仕事なら

  • この人ならこれからビジネスパートナーとしていいかも
  • この人なら一緒に仕事して楽しいかも
  • この人となら飲みに行きたいかも
などと思ってもらう方法に近いと思います。
 

学校なら

  • 授業で分からなかったところを聞きやすいかも
  • LINE、ツイッターしやすいかも
  • 遊びやすいかも

などとなりますね。

 

ここからどのようにつながるの?と思うかもしれませんが

例えば飲みに行く回数が多くなるとそれだけ会話することが多くなります。

会う回数、話す回数が増えることで話す能力、聞く能力を使う場面が増えます。

 

自然と練習する機会が増えて力がつきます。

そうすれば重要な場面で力が発揮されるということです。

 

聞く力に取って信頼が重要と言うのは、信頼されることで相手が話してくれる。

それにより聞く練習ができると言うことです。

 

苦手なことは練習しなければなりません。

その練習をするためにも「信頼」は重要です。

 

またその後継続的につきあっていくことで信頼関係も深まりその後に力になってくれることもありますよね。

 

 

では、いったいどうすればいいのか。

 

僕は学生しか経験してないので学校生活中心で話します。

 

まず、話す力の時にも書いた

「毎日挨拶をする」

 

これはここでも重要な役割を果たします。

自分がいることを相手に認識させるということです。

 

皆さんはクラスで休みの子がいて出席取るまでいないことに気づかず、「あ、そういえば」となった経験ありませんか?

いつも会話してないから気づかないんですね。

 

こうならないために一番早くクラス(会社)に入って来た人みんなに挨拶すると印象に残せますよね。

 

これによって相手に自分をインプットさせることが重要です。

 

行動としてはこれだけです。

 

ですが

 

ここに「読む力」が登場します。

 

その子の空気、その場の空気を読むということです。

ですが、正直な話これについては自分でもよく分かりません。

 

直感的に無意識的に今なら話しても大丈夫、この子はだめと僕は判断しています。

 

この判断で話す人を決め挨拶の後に話をすると言った形です。

 

 

とここまで3回に分けてコミュニケーション能力ってなんなのよ!をやってきましたが…

僕のことをよく知る方から「それは教科書でwaffle自身のことじゃない!」とアドバイス頂きました。

 

そうですよねー。比較的誰もが出来そうなことを選んでました。しかし、求められてるのはオリジナルだよ!っと言われましたので!!

 

次回僕のやり方全てを書いてみたいと思います。だいぶ普通ではないと思いますが、もしかしたらその中に皆さんへのヒントあるかも知れませんしね!!

 


にほんブログ村