waffleの夢を持つことはチャレンジすること。

大学生が自由に書く雑記ブログ!気軽にお立ち寄りください!!!

バリアフリーとユニバーサルデザインって何が違うの??

はじめに

どうも、waffleです!

今回は「バリアフリー」と「ユニバーサルデザイン」というとても似てるようで全く違う概念のふたつを整理したいと思います!

 

1.バリアフリーとは

バリアフリー」とは一般の都市や建築物の中に存在している高齢者の方や障がいのある方などにとって障壁(バリア)に、なっている要素を取り除いたり、代替手段を取り込む行為のことです。

 

バリアフリーの具体例
  1. 段差を無くす
  2. エレベーターの設置
  3. スロープの設置
  4. 視覚障がい者誘導用ブロックの設置
  5. 点字など文字情報の設備

などが挙げられます。

 

2.ユニバーサルデザインとは

ユニバーサルデザイン」は障がいの有無や年齢に関係なく誰もが平等に暮らすことのできる環境をつくるための試行的運動全体を指すものです。

 

ユニバーサルデザインの運動の7つの原則
  1. 誰でも使用可能で入手可能なこと
  2. 柔軟な使い方ができること
  3. 使い方が簡単なこと
  4. 使うために必要な情報がわかりやすいこと
  5. 間違えても重大な結果にならないこと
  6. 少ない労力で効率的かつ楽に使えること
  7. アプローチし、使用するのに適切な広さがあること

の7つです。

 提唱はロン・メロス

ユニバーサルデザインの3附則
  1. 耐久性と経済性
  2. 品質と審美性
  3. 保険と環境への配慮

 

つまり「ユニバーサルデザイン」とはこの理想に近づける運動です。

 

具体的なデザインを指すわけではなく、目標的なものです。

 

グラフィックデザイナーのためのユニバーサルデザイン実践テクニック51

おわりに

とても簡単に「バリアフリー」と「ユニバーサルデザイン」について述べました。

バリアフリーについては[高齢者、障害者の移動等の円滑化の促進に関する法律]に詳しく書いてあります。興味ある方は下のリンクより

e-Gov法令検索


にほんブログ村