waffleの夢を持つことはチャレンジすること。

大学生が自由に書く雑記ブログ!気軽にお立ち寄りください!!!

アルバイトは価値あるものであり、無駄なものではない!

いつも見ていただきありがとうございます。

f:id:waffledream:20180131094307j:plain

今回は「アルバイトの価値」というものについて思ったことを書いて行きたいと思います。

 

僕は大学生になってブログを始めてから「価値」と「お金」というものの話に触れる機会が多くなりました。

 

そこで

「情報を売る」→コンサルタントやnote

「技術を売る」→ホームページ作成の代行、ロゴ

「時間を売る」→アルバイト

 

といった考え方を何度か見てきました。今回はこの考え方に少し疑問を持ったので尾のような記事にしました。

 

知らなかった仕組みを知ったからこそ、思ったことです。

 

Twitterで「コンサルタントやってますがどうですか?ブログで収益あげませんか?」「こんな副業ありますよ!」といったDMが来たりや情報を有料で公開する有料noteなど今まで知らなかった仕組みを見てきました。

 

これらは情報をお金に換えています。

有益な情報はお金になるというやつですね。

 

これは納得です。

 

次にホームページ作成やロゴデザインなど技術を売ってお金にする仕組みも見てきました。ホームページ作成の代行のように専門知識と技術が無ければできない仕事と言えるでしょう。

 

つまり技術、発想を売ってお金に換える。

もちろん、これも納得です。

 

最後に時間を売るアルバイトの仕事。

大学生の多くはアルバイトが普通だしブログ始めなかったら自分自身もこれが普通だったはず。

 

ただ、アルバイトって時間を売ってるの??って疑問を持ちました。

もちろん、業種とその人の考え方によると思いますが、それぞれのバイトには勉強できることがあると思います。

僕がやっているので塾講師を例にすると

  • 教える科目の再確認もできる。
  • 説明する時に相手にわかりやすく説明できるよう考えるから説明力がつく
  • 生徒の成績をどうやったらあげられるかと考えるので分析力、計画力も身につく
  • 生徒とのコミュニケーション、電話対応、保護者との面談も行うため対応力も。

大雑把に言ってもアルバイト90分の中でアルバイトをすることのメリットがあります。

 

コンビニのアルバイトならマーケティングの勉強をできると思うし、派遣のバイトなら様々な作業を経験できます。

 

確かに拘束される時間がありますがその中でも学べることがあると思っています。

なので僕にとってアルバイトは時間をお金に換えるようなものでは何のではないかなと思っています。

 

さらに、アルバイトで学んだこと、気づいたことを情報として売る、なにかアルバイトをしたことで技術を手に入れたら、その技術を売ると行ったように繋がりが見えてくる可能性もありますよね。

 

なので「アルバイトは時間を売ってるだけで価値がない」と思わず経験すべきものだと思います。