waffleの夢を持つことはチャレンジすること。

大学生が自由に書く雑記ブログ!気軽にお立ち寄りください!!!

三ツ矢サイダーNIPPONは本当に今と味が違うのか!飲み比べてみた!

三ツ矢サイダーニッポン。

 

特別限定生産で1970年代初頭の味を再現した三ツ矢サイダーです。

 商品はこちら

アサヒ 三ツ矢サイダー ニッポン PET

f:id:waffledream:20180719072023j:plain



まずは、見た目の違いから

1.高さが違う!!

内容量は500mmなので同じですが、今のボトルは少しスリムな分高さがありますね!

 

f:id:waffledream:20180719072230j:plain

2.食塩相当量が違う!!

現代の三ツ矢サイダーは食塩相当量が0.02gなのに対して、昔の三ツ矢サイダーは0g!!

 

3.砂糖類の配分が違う!!

現代の三ツ矢サイダーは原材料名「砂糖類(果糖ぶどう糖液糖、砂糖)」なのに対して昔の三ツ矢サイダーは「砂糖類(砂糖、果糖ぶどう糖液糖)」になっています!!

 

f:id:waffledream:20180719072249j:plain

 

三ツ矢サイダー味の違いは!?

 

 

現代の三ツ矢サイダーはゆっくりとした甘みが長く続くイメージです。炭酸の粒が大きいから炭酸!!って感じがありました!!。

 

一方昔の三ツ矢サイダーは最初にしっかりした甘みがきます。しかし、甘みの継続は短くすーっと無くなるイメージです。また、炭酸が細かく、シュワシュワした優しい感じです!

 

その他にあった違い

 

昔の三ツ矢サイダーのほうが蓋を開けた時の音が大きい、匂いが強いということがありました。

音が大きいのはペットボトルの形、炭酸の粒が関係していそうです。匂いは不思議ですね!もしかしたら香料の成分や配分が少し違うのかもしれません!!

 

せっかくなので1:1で混ぜてみた!

混ぜると匂いが変わり、少しラムネっぽい匂いになりました。

味は最初は砂糖の甘みが強いのに最後は人工甘味料が残る、両方を合わせ持つようになり、美味しさが減ってしまいました。

 

そのためそれぞれの三ツ矢サイダーはそれぞれの特徴があり、それぞれだから美味しい!ということだと考えられます!!

 

みなさんもぜひ、三ツ矢サイダーニッポンを買って飲み比べしてみてください!!

 

 

アサヒ 三ツ矢サイダー 500ml×3本

アサヒ 三ツ矢サイダー

 
アサヒ 三ツ矢サイダー ニッポン PET 500ml×24本入

アサヒ 三ツ矢サイダー ニッポン