waffleの夢を持つことはチャレンジすること。

大学生が自由に書く雑記ブログ!気軽にお立ち寄りください!!!

人生における「期待値」という概念について考え

f:id:waffledream:20180805014021p:plain

どうも、waffleです!

 

さて、今回は「期待値」という概念についてお話していこうと思います!

 

皆さんは今までの人生の中で「期待」した経験はきっとあると思います。

テストがいい点であることを期待したり、宝くじが当たることを期待したり、カジノで大儲けすることを期待したり。

人は必ずどこかで期待をして生きています。

 

しかし、人は時に期待しすぎるということもするでしょう。

期待しすぎて間違った方向へと向かってしまうことがある。

 

絶対に無理と一切の期待をしないのはよくないことですが、期待のしすぎもよくないことですね。

 

さて、期待をしすぎて失敗する例をいくつか考えてみましょう!!

 

1.カジノとか宝くじとかギャンブル系!!!!!!!

間違いなくこれは失敗する確率が高い!しかも期待値が上がりやすいものです。

もしかしたら、次は当たるかもしれない。今ここでやめて次の人が大当たりしたら・・・。俺には運が味方してくれる。

こんなことを思いやすいものです。もちろん、宝くじは買わないと当たらないわけですが、確率が低すぎる。

でも、3億円という金額に対する期待値が大きいがために多くの人が買うわけです。

 

楽しみ程度にできるように期待のしすぎには注意ですね!

 

2.受験やテストなど勉強系!!!!

これだけやってれば大丈夫でしょ!きっと受かるでしょ!なんとかなる!

こんな期待をしてしまう人は多いのではないでしょうか?

僕自身はテストでこれだけやればいいだろ!と期待をしすぎて良い結果を出せなかった経験があります。

また、今塾講師のバイトをしてますが、生徒を見ていても明らかに勉強量が足りないのに目標が高いことなどもあります。

期待のし過ぎという点からみれば当てはまりますね。

 

3.告白、気になる子の行動、言動などの恋愛系!!

「あれ、あの子俺に気があるんじゃ」と思ったことありませんか!?「私ならあの人を落とせる」と思ったことありませんか?

この期待もしすぎたら結果が違った方向に向いたとき自分へのダメージが大きいですから。期待のしすぎには注意ですね。

 

 

おわりに

このように生活の中での期待値というのは高め過ぎることで失敗の時の影響を大きくしてしまうものもあります。

自分の期待と現実。その二つをしっかり比べていくことが大切ですね!!